Spread.Sheets V12
SpreadJS V10Jからの変更点
Spread.Sheets > 開発者の手引き > はじめに > 変更点 > SpreadJS V10Jからの変更点

SpreadJS V10J(バージョン10.3.0)からの変更点は以下の通りです。

新機能の追加

以下の新機能が追加されました。

既存機能の強化

以下の既存機能が強化されました。

機能削除

以下の機能が削除されました。

メモ:ExcelIOコンポーネントは、Spread.SheetsのExcel変換処理をサーバーで行うための機能です。SpreadJS V11J以降ではサポートされません。代替方法として、クライアントサイドにおけるExcelIO機能をご検討ください。詳細については、「クライアント側でのExcelファイルのインポートおよびエクスポート」を参照してください。

対応環境の削除

以下の環境はサポート対象外となります。

APIの変更

GC.Spread.Sheets.CellTypes.Base updateEditorContainer メソッド editorBounds.xおよびeditorBounds.yパラメータが追加されました。

GC.Spread.Sheets.Worksheet

Optionsフィールド Worksheet.options.allowCellOverflowのデフォルトの値が「false」から「true」に変更されました。つまり、デフォルトでセル内のテキストが隣接セルにオーバーフロー表示されます。
setSparkline メソッド dataRangeおよびdateAxisRangeに、範囲または数式範囲を設定できます。
GC.Spread.Sheets.Events RangeFiltering イベント conditionInfoの新しいイベント引数が追加されました。
RangeFiltered イベント conditionInfoの新しいイベント引数が追加されました。
GC.Spread.Sheets.ConditionalFormatting.Condition formulaメソッド このメソッドにvalueパラメータの代わりにformulaOrBaseRowおよびbaseColumnの2つのパラメータが追加されました。
GC.Spread.Sheets.ConditionalFormatting.NormalConditionRule value1 メソッド このメソッドにvalueパラメータの代わりにvalueOrBaseRowおよびbaseColumnの2つのパラメータが追加されました。
value2 メソッド このメソッドにvalueパラメータの代わりにvalueOrBaseRowおよびbaseColumnの2つのパラメータが追加されました。
formulaメソッド このメソッドにvalueパラメータの代わりにformulaOrBaseRowおよびbaseColumnの2つのパラメータが追加されました。
GC.Spread.Sheets.ConditionalFormatting.DateOccurringType DateOccurringType列挙体にnextQuarter、 thisQuarter、 lastQuarter、 nextYear、 thisYear、 lastYearの値が追加されました。
GC.Spread.Sheets.DataValidation.DefaultDataValidator value1 メソッド このメソッドにbaseRowおよびbaseColumnの2つのパラメータが追加されました。
value2 メソッド このメソッドにbaseRowおよびbaseColumnの2つのパラメータが追加されました。

不具合修正

以下の不具合が修正されました。